1. TOP
  2. 3 セキセイインコの病気
  3. 専門獣医師が解説する鳥のヘモクロマトーシス~鉄貯蔵病

専門獣医師が解説する鳥のヘモクロマトーシス~鉄貯蔵病

3 セキセイインコの病気 この記事は約 13 分で読めます。 332 Views

鉄が貯まるって?

鉄貯蔵病とは、臓器内に過剰な量の鉄が蓄積して細胞損傷を引き起こす病態を指し、全身の臓器に発生するが、肝臓に最も影響を及ぼしやすいです〔Sandmeier et al.2012,Rupley 1997,Trupkiewicz et al.2018,Gosselin et al.1983〕。しかしながら、一般的に鉄貯蔵病は無徴候性で、死の直前まで明らかな症状が発現しません〔Ayisa Rodrigues de Oliveira et al.2022,Alt et al.1990,Bulte et al.1983〕。なお、鉄貯蔵病にはヘモジデローシス(Hemosiderosis)ヘモクロマトーシス(Hemomocromatosis)という名称が使用されています。ヘモジデローシスは網内系細胞を中心に鉄が蓄積している状態で実質臓器障害を伴いませんが、ヘモクロマトーシスは網内系にとどまらず、実質細胞にも鉄が過剰に蓄積している状態で、臓器障害を伴うと定義されています〔浦部1998,Sheldon 1935〕。鳥ではヘモクロマトーシスが問題となっている。

症状

ヘモクロマトーシスが発病すると、嗜眠や沈鬱、虚弱、肝臓腫大および腹水、腹部膨満などが見られ、突然死も起こります〔Corxk 2000〕。特に肝臓への鉄の蓄積および症状は、肝臓腫瘍肝線維症、または脂肪肝など併発する同時疾患が大きく関与している可能性が高いですが〔Lowenstine et al.1980,Hill et al.1986〕、証拠はありません。特に鳥類の腫瘍性疾患に鉄の蓄積が関連し〔Hill et al.1986,Cork et al.1995,Cork et al.1999〕、おそらく組織鉄の回転増加に伴い発生します。 これは季節的な生理学的変化などでも見られ、飢餓や外傷の後にも起こる可能性があります〔Osweiler et al.1985〕。

 

原因

鉄貯蔵病の詳細な病因は不明ですが、哺乳類では遺伝性素因も示唆されています。ただし、鳥類での主な原因は餌の過剰な鉄分であるという説が強くなっています〔Sandmeier et al.2012,Rupley 1997,Taylor 1984,Crissey et al.2000〕。鉄は腸から吸収され、トランスフェリンを介して血行的に輸送され、最終的に肝細胞および肝臓のクッパー細胞、脾臓のマクロファージ、および骨の細胞にヘモシデリンまたはフェリチンとして貯蔵されます。

発生

一般的にヘモクロマトーシスは果実食や昆虫食の鳥に発症する傾向があり〔Dierenfeld et al. 1994〕、九官鳥などのムクドリ科やオオハシ科〔Garner et al.2000,Rasidi et al.2019,Rupiper et al.1996,O’Connor et al.2018〕、オウム目のヒンコ亜科に好発します〔West et al.2001〕。ルリコンゴウインコ、ヒオウギインコ 、ヨウムなどでも確認されています〔Garner et al.2000,Rasidi et al.2019,Rupiper et al.1996,O’Connor et al.2018〕。九官鳥における鉄の取り込みおよび保持力は非感受性種の 4~7倍であることが研究で明らかになり〔Mete et al.2001〕、九官鳥の鉄代謝はヒトの遺伝性ヘモクロマトーシスに類似しています〔Meta et al.2003〕。ヘモクロマトーシスに罹患しやすい鳥種は、鉄分が少ない餌を食べるように進化したと考えられ、餌における鉄の供給量が増えると、鉄の吸収を下方制御する能力が制限され、吸収された鉄をヘモジデリンの形で肝臓に貯蔵されます〔Koutsos et al.2016,Rupley 1997〕。

診断

ヘモクロマトーシスの生前診断には、肝生検による組織病理学的検査が必要で、鉄濃度を測定するための分光分析による化学分析や定量的画像分析も使用されています〔Sandmeier et al.2012、Macwhirter et al.1994,Rush et al.2016〕。 ただし、身体が小さい小型種では、検査の侵襲が大きいため、実施することは容易ではありません〔Sandmeier et al.2012〕。特異的な兆候から暫定的に診断するしかありません。

治療

鉄キレート剤の投与が基本になり、強肝剤の投与も行います。予防として鉄が少ない餌への変更、低ビタミン C 食による管理、水へのタンニンの添加、瀉血なども支持されています〔Rupley 1997〕。ビタミンCによって鉄は吸収が促進されますが〔Hunt et al.1994,Spelman et al.1989〕、反対にタンニンとフィチン酸塩は鉄の吸収を低下させます〔Trupkiewicz et al.2018,Spelman et al. 1989〕。フィチン酸はベリーや果物に含まれ〔Spelman et al.1989,Kim et al.1995〕、タンニンは紅茶サプリメント(アイアンアウト、グレイウッド・マナー・ティー・アンド・プロビジョンズ)などに含まれていることから、予防のために利用されています。

コレステロールを下げて肝臓を強くするタウリン配合ビタミン剤ならコレ!

 

サイペット タウビタ(60ml)
価格:1,606円(税込、送料別) [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入!

鳥にも使える肝臓対策ならタウビタB!肝臓を強くするタウリン配合の液体の複合ビタミンB剤です。味もよいので、鳥は水の中に混ぜて与えて下さい!きっと飲んでくれます!

鳥のサプリメントの選び方とお薦め商品はコチラ!

参考文献

参考文献
■Al ER.Stemlib I,Goldfischer S.The cytopathology of metal overload.International Review of Experimental Pathology31:165-188.1990
■Ayisa Rodrigues de Oliveira et al.A retrospective study of hepatic hemosiderosis and iron storage disease in several captive and free-ranging avian species.J Zoo Wildl Med53(2):455-460.2022
■Butler EJ.Role of trace elements in metabolic processes.In Physiology and Biochemistry of the Domestic Fowl4(10).Freeman BM ed.Academic Press.London:1983
■Cork SC.Iron storage diseases in birds.Avian Pathol29(1):7-12.2000
■Cork SC,Stockdale PHG..Adenocarcinoma with concurrent haemosiderosis in an Australian Bittern. Avian Pathology24(1):207-213.1995
■Cork SC,Collins-Emerson JM,Alley MR,Fenwick SG.Visceral lesions caused by Yersinia pseudotuberculosis serotype II.In different species of bird. Avian Pathology28:393-399.1999
■Crissey SD,Ward AM,Bloc SE.l,Maslanka MT.Hepatic iron accumulation over time in european starlings (Sturnus vulgaris) fed two levels of iron.Journal of Zoo and Wildlife Medicine32:491– 496.2000
■Dierenfeld ES,Pinis MT.Sheppard CD.Hemosiderosis and dietary iron in birds.Journal of Nutrition S32:2685S–2686.1994
■Garner M,West G,Talcott P.Five lorikeets with hemochromatosis associated with high concentrations of dietary iron.In Proceedings Annual Conference of Association of Avian Veterinarians.Association of Avian Veterinarians:215–216.2000
■Gosselin SJ,Kramer LW.Pathophysiology of excessive iron storage in mynah birds.Journal of the American Veterinary Medical Association32:1238–1240.1983
■Hill JE,Burke DL,Rowland GN.Hepatopathy and lymphosarcoma in a myna bird with excessive iron storage.Pet bird medicine;case report.Avian Diseases30: 634-636.1986
■Hunt JR et al,Effect of ascorbic acid on apparent iron absorption by women with low iron stores.The American Journal of Clinical Nutrition59(6):1381‐1385.1994
■Kim et al.Iron absorption and intestinal solubility in rats are influenced by dietary proteins,Nutrition Research15(11):1705‐1716.1995
■Koutsos E,Gelis S,Echols MS.Advancements in nutrition and nutritional therapy.In Current Therapy in Avian Medicine and Surgery.Speer BL ed. Elsevier:142–176.2016
■O’Connor MR,Garner MM.Iron storage disease in African grey parrots (Psittacus erithacus) exposed to a carnivorous diet.J Zoo Wildl Med49:172–177.2018
■Lowenstine LJ,Petrak ML.Iron pigment in the livers of birds.In The Comparative Pathology of Zoo Animals.Montali RJ,Migaki G.eds.Symposium of the National Zoological Park.Smithsonian Institute Press.Washington DC:p127-135.1980
■Macwhirter P.Passeriformes.In Avian Medicine:Principles and Applications.Ritche BW,Harrison GJ,Harrison LR eds.Wingers Publishing Inc:1172–1199.1994
■Mete A,Dorrestein GM,Marx JJM,Lemmens AG,Beynen AC.A comparative study of iron retention in mynahs,doves and rats.Avian Pathology:32:479–486.2001
■Mete A et al.Iron metabolism in mynah birds (Gracula religiosa) resembles human hereditary haemochromatosis.Avian Pathol32(6):625-32.2003
■Osweiler GD,Carson TL,Buck WB et al.Clinical and diagnostic veterinary toxicology.3rd Ed.Kendall/Hunt Publishing Company:p711-475.1985
■Rasidi EK,Xie S,Hsu C.Iron storage disease in a blue and gold macaw (Ara ararauna).In Proceedings of Exoticscon.Exoticscon384.2019
■Rupley AE.Common diseases and treatments.In Manual of Avian Practice.Rupley AE ed.WB Saunders Co:264–309.1997
■Rupiper DJ,Read DH. Hemochromatosis in a hawk-head parrot (Deroptyus accipitrinus).J Avian Med Surg10:24–27.1996
■Rush EM,Wernick M,Beaufrere H et al.Advances in clinical pathology and diagnostic medicine.In Current Therapy in Avian Medicine and Surgery.Speer BL ed.Elsevier:461–530.2016
■Sandmeier P,Clauss M,Donati OF,Chiers K,Kienzle E,Hatt JM.Use of deferiprone for the treatment of hepatic iron storage disease in three hornbills.J Am Vet Med Assoc240:75–81.2012
■Spelman LH et al.Pathogenesis of hemosiderosis in lemurs:Role of dietary iron, tannin, and ascorbic acid.zoobiology8(3):239‐251.1989
■Sheldon JH.Haemochromatosis.Oxford University Press.London.1935
■Taylor JJ.Iron accumulation in avian species in captivity Dodo.Journal of the Jersey Wildlife Preservation Trus32:126–131.1984
■Trupkiewicz J,Garner MM, Juan-Salles C.Passeriformes, caprimulgiformes, coraciiformes, piciformes,bucerotiformes, and apodiformes.In Pathology of Wildlife and Zoo Animals.Elsevier.Mcaloose D,Terio KA,St. Leger J eds:793–818.2018
■West GD et al.Hemochromatosis in Several Species of Lories with High Dietary Iron.Journal of Avian Medicine and Surgery15(4):p297-301.2001
■浦部晶夫.二次性へモクロマトーシス.別冊日本臨床 病域別症候群20:p493-494.1998

\ SNSでシェアしよう! /

セキセイインコ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

セキセイインコ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説する鳥の脚弱〔Ver.2〕脚が弱い?力が入らない?あげている?

  • 専門獣医師が解説する鳥のPBFD〔Ver.2〕

  • 専門獣医師が解説する鳥の中毒

  • 専門獣医師が解説するセキセイインコの関節痛風〔Ver.2〕指の白いぶつぶつ

  • 専門獣医師が解説する鳥の腎臓腫瘍と精巣腫瘍~セキセイがヤバい

  • 専門獣医師が解説する鳥のそ嚢とそ嚢疾患〔Ver.2〕