1. TOP
  2. 3 ウサギの病気
  3. ウサギの白内障|何を気をつけるべきなのか?

ウサギの白内障|何を気をつけるべきなのか?

 2021/04/14 3 ウサギの病気 この記事は約 3 分で読めます。 276 Views
ウサギ白内障

レンズが白くなる!

ウサギの黒目が白濁してきたら、一番に白内障が疑えます。白内障は水晶体、いわゆる目のレンズが白濁する病気で、人では老人でよく発生することで有名ですね。ウサギでもやはり高齢になると多くが白内障になってきますが、目を強く打つなどの損傷、糖尿病によって水晶体の中の成分が変化したりすることでも発生します。若いウサギでは生まれつきの白内障、エンセファリトゾーンと言う寄生虫のぶどう膜炎(虹彩膿瘍)の水晶体の癒着により二次的な発生でも起こります。

ウサギの目の仕組みを一度読んで勉強してみて!

見えないと生活できなくなるの?

ウサギはもともと視力があまり良くなく、反対に聴覚や嗅覚が優れています。白内障での視力の低下が起きても、あまり生活に支障が見られませんので、飼い主も気づきずらいと思います。完全に白濁した場合には、物にぶつかりやすくなり、動きもゆっくりになりますが、ウサギにとって慣れた環境であれば問題なく生活ができますので、安心して下さい。

目は痛くないの?

白内障では基本的に炎症などは起こらずに、目ヤニや涙も見られませんが、進行すると変性した水晶体が脱臼したり、解けたりして、虹彩炎(ぶどう膜炎) や緑内障を併発すると目に痛みを伴うこともあります。

治療は?

一度白くなった水晶体はもとに戻すことができません。白内障を治すことはできませんが、進行を遅らせる目薬ならあります。根本的な治療としては、水晶体の白く濁った組織を吸引して除去する手術(超音波入荷吸引手術)などがありますが、できる病院は限られています。

白内障の進行を遅らせる目薬はコレ!

 

犬用だけどウサギにも使えます!とりあえずやっておいて損はないです。

 

目のトラブルの時の予防と緊急対応はコチラ!

JCRA(ジャクラ)って何なの?

ウサギを幸せに長生きさせたい方は、一般社団法人 日本コンパニオンラビット協会(JCRA:ジャクラ)に入会しましょう!

入会はコチラ!

\ SNSでシェアしよう! /

ウサギ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

ウサギ白内障

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ウサギ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ウサギの皮膚病(Ver.2) | 毛が抜ける・皮膚が赤い

  • ウサギの虹彩膿瘍・・・目の中の膿?

  • ウサギのパスツレラ症|ウサギ好きなら知っておいて!

  • ウサギの緑内障 | 急いで!見えなっちゃうよ!

  • ウサギのカビは人にもうつる(Ver.2) | 皮膚糸状菌

  • ウサギの結膜炎|目ヤニと涙目