1. TOP
  2. 1 イグアナの生態と特徴
  3. 知ってますか?トカゲの飼育の法的規制

知ってますか?トカゲの飼育の法的規制

1 イグアナの生態と特徴 この記事は約 2 分で読めます。 85 Views

外国からの輸入規制?

野生動植物の国際取引のルールや、規制対象となる希少な野生動植物を定めた条約であるワシントン条約附属書Ⅰに指定されているトカゲは、コモドオオトカゲ、イワイグアナ、フィジーイグアナなど数十種がいますが、爬虫類人気に伴い、全世界で保護体制に入っています。オーストラリアには、マツカサトカゲなどのアオジタトカゲ類をはじめ、固有種を含む多くの希少な爬虫類が分布し、2022年には自国原産の爬127種をワシントン条約の附属書に掲載することを要請しました。アデレードアオジタトカゲが附属書ⅢからⅠへ移行されたことも有名な話です。

日本の生態も守らないといけない

日本の生態系を脅かす恐れのある特定外来生物に指定されているのは、スウィンホーキノボリトカゲなどのアノール類ですが、沖縄や小笠原諸島ではかなりの数のグリーンアノールが定着しています。在来昆虫の捕食、在来トカゲとの競合が大き問題となり、環境省が中心になってアノールトラップを使用したグリーンアノールの捕獲作業が現在も続けられています〔苅部 2005〕。

危険だぜ

ドクトカゲ科全種コモドオオトカゲ、ハナブトオオトカゲは、動物の愛護及び管理に関する法律の改正に伴い、20202年から愛玩目的で新たに特定動物を飼育することができなくなりました。

参考文献
◼苅部治紀.特集:爬虫両生類いいにおける外来種問題.外 来種グリーンアノールが 小笠原の在来昆虫 す影.フル爬虫両棲類学会報2005(2):163-168.2005

\ SNSでシェアしよう! /

イグアナ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イグアナ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専門獣医師が解説するイグアナの雌雄鑑別と繁殖〔Ver.2〕卵を産みすぎで困っちゃう!

  • イグアナってどんなトカゲ?専門獣医師が解説する知らないといけない生態と特徴〔Ver.2〕

  • 専門獣医師が解説するイグアナの品種〔Ver.2〕 緑色じゃないじゃん!