1. TOP
  2. 3 リクガメの病気
  3. カメのヘルペスウイルス感染症

カメのヘルペスウイルス感染症

3 リクガメの病気 この記事は約 28 分で読めます。 395 Views

カメのヘルペスって?

ウイルスは爬虫類において主要な病原体で、その中でもヘルペス ウイルスは、ムカシトカゲ目を除くすべての爬虫類で検出されています。特にカメでは多くのヘルペスウイルスのタイプが検出されていますが〔Stacy et al.2008〕、これらのウイルスの疫学についてはほとんど知られていないのが現状です。

ウミガメのヘルペスウイルス

ウミガメからは以下のような様々なヘルペスウイルスが検出されています。しかし、多くはウイルスが潜在しているだけで、発症は稀であると考えられていますが、近年の環境破壊などの理由から、発病するウミガメが増加してきています。

表1:ウミガメから分離されたヘルペスウイルス

ウイルスの種類 解説
ウミガメ線維乳頭腫関連ヘルペスウイルス(Chelonid fibropapilloma-associated herpesvirus)=ウミガメアルファウイルス5型(Chelonid alphaherpesvirus 5) 線維乳頭腫症の発生に関与しています〔Marschang et al.2021, Herbst et al.1995,Ackermann et al.2012
肺眼気管疾患関連ウイルス (LETV:Lung-eye-trachea-disease-associated virus)=ウミガメアルファウイルス6型(Chelonid alphaherpesvirus 6) 呼吸器疾患のアオウミガメから分離されています〔Jacobson et al.1986, International Committee on Taxonomy of Viruses 2019〕。
灰色パッチ病ウイルス(Gray patch disease virus) 皮膚病変のある若いアオウミガメから分離されています〔Rebell et al.1975〕。
アカウミガメ生殖器呼吸器ヘルペス ウイルス (LGRV:Loggerhead genital-respiratory herpesvirus) アカウミガメ から分離されています〔Stacy et al.2007〕。
アカウミガメ口腔皮膚ヘルペス ウイルス (LOCV:Loggerhead orocutaneous herpesvirus)

リクガメのヘルペスウイルス

リクガメから分離されるヘルペスウイルスは、リクガメアルファヘルペスウイルス (TeHV:Testudinid alphaherpesvirus) が有名で、1型~4型の4種類があります。ペットのリクガメの有病率は、8.2~25%の範囲でした〔Kolesnik et al.2017,Marschang et al.2000,Martel et al.2009,Salinas et al.2011,Soares et al.2004〕。これらの中で最も有名なのは、リクガメアルファヘルペスウイルス3型 (TeHV3:Testudinid alphaherpesvirus3) で、ペットのギリシャリクガメ およびヘルマンリクガメにおいて鼻炎や肺炎、口内炎や舌炎などが見られ〔Gandar et al.2015,Origgi et al.2004〕、一般的に死亡率と罹患率は高いです〔Marschang 2011〕。一方で1型は、罹患率と死亡率は低いです〔Marschang 2011〕。1型と3型はトルコの野生のギリシャリクガメに存在し〔Marschang et al.2007〕、ウイルスが野生個体からペットに持ち込まれた可能性があります〔Müller et al.1990〕。一方で2型と4型は十分に研究されていませんが、1~4型のTeHVは発生する地域と感染する種類に特異性があるとも考えられています。その他壊死性肝炎に関連する特徴不明のヘルペスウイルスも、ホースフィールドリクガメで報告されています〔Hervas et al.2002〕。

表2:リクガメから分離されたヘルペスウイルス

ウイルスの種類 分布 解説
リクガメアルファヘルペスウイルス1型 (TeHV1:Testudinid alphaherpesvirus 1)  ユーラシア ともと日本に輸入されたパンケーキリクガメ およびヨツユビリクガメでも報告されていましたが〔Une et al.2000〕、このウイルスはヨーロッパのホースフィールドリクガメで最も頻繁に発見されるもので、他の種のカメにも感染する可能性があります〔 Kolesnik et al.2017〕。
リクガメアルファヘルペスウイルス2型(TeHV2:Testudinid alphaherpesvirus 2)  アメリカ アメリカの野生およぴペットのサバクゴファーガメから分離され 〔Johnson et al.2005,Jacobson et al.2012〕、特有のウイルスと仮説が立てられています。近年はヨーロッパでのペットのカメでも検出され、これは、カメのヨーロッパへの輸入の結果起こった可能性が高いです〔Leineweber et al.2021〕。
リクガメアルファヘルペスウイルス3型 (TeHV3:Testudinid alphaherpesvirus 3) ユーラシア ペットのギリシャリクガメ およびヘルマンリクガメ におけるの感染で、鼻汁および口腔病変が見られ〔Gandar et al.2015,Origgi et al.2004〕、一般的に高い死亡率と罹患率に関連しています〔Marschang 2011〕。TeHV3 はゾウガメ科のカメにも感染することが示されています〔Marschang et al.2021〕。
リクガメアルファヘルペスウイルス4型 (TeHV4:Testudinid alphaherpesvirus 4)  アフリカ アメリカの動物園でソリガメの検疫中に偶然発見され〔Bicknese et al.2010〕、また、ヨーロッパのヒョウモンガメでも発見されています〔Kolesnik et al.2016〕、アフリカ産のカメに特有のウイルスと仮説が立てられています〔Kolesnik et al.2016〕。カメは無症状です。

TeHV3による症状

症状にちなんで、鼻水/濡れた鼻(Running nose)または鼻炎-口内炎疾患または症候群(Rhinitis-stomatitis disease or syndrome)を TeHV3型の感染症状を指すようになりましたが、この疾患に厳密に特異的ではありません〔Origgi 2006〕。通常は上気道と消化管疾患として発症し、鼻汁、涎、呼吸の異常が見られ、片側性または両側性結膜炎を伴い、続いて口内炎(口腔粘膜に壊死性の炎症)や舌炎を生じ、時に食道や胃腸にまで波及します 〔Muro et al.1998,Teifke et al.2000〕。壊死性病変は呼吸器系の奥深くまで広がり、サバクゴファーガメの気管と肺に達し 〔Johnson et al.2005〕、チチュウガイリクガメでは気管分岐部に達したヘルペスウイルス性の肺炎の報告があります〔Muro et al.1998〕。中枢神経症状として、沈鬱や悪液質などのより一般的な兆候も、影響を受けたカメで報告されています 〔Heldstab et al.1989〕。 ギリシャリクガメに対してのTeHV3型の感染実験が一例で行われました〔Origgi et al.2004〕。臨床症状や重症度は摂取ウイルスの用量依存的で、少ないと片側あるいは両側の結膜炎のみで、多いと感染 3日後から舌炎ならびに口腔粘膜の浮腫と出血 (感染後7~12日)、粘液状の透明な膜で覆われ、最終的に黄白色の壊死性プラークが形成されました。プラークはその後退行し始め、17〜20日の間にサイズが明らかに減少し、感染後24日目までに消失して完全に回復しました。 全体として臨床経過は約2.5週間続きました。感染したギリシャリクガメの舌および口腔病変は左右対称でしたが、理由は不明ですが呼吸器症状は発現しませんでした〔Origgi et al.2004〕。

感染経路

TeHVは環境によって性状が大きく異なることが分かっています、湖または飲料水中で 4°C で数週間感染性を維持することが示されましたが、室温(1~8週間)および 37°C(3~6日)では感染性が大幅に低下しました。土壌に埋められた後も感染力の有意な喪失が観察され、夏 (2~3週間)と比較して春(9~24週間)ではより長い生存期間が認められました。保因者との直接感染はもちろんですが、汚染された土壌や水からの間接感染は環境が深く関与します〔Marschang 2005〕。したがって、リクガメでTeHVが最も多く検出されるのは春で〔Leineweber et al.2021〕、発病も春に多発するかもしれません。鼻腔経路は経口経路とともに、自然に発生する場合のウイルスの侵入経路として最も可能性が高いと考えられています。なお、TeHVはクロロホルムに感受性があります〔Marschang et al.1997〕。

診断どうするの?

海外では血清学的検査や遺伝子(PCR)検査が行われていますが、本邦でのペットでは利用できません。したがって、TeHVに感染したカメで一般的に観察される症状から暫定的に診断するしかありません(壊死性口内炎および舌炎/自然寛懐が約2.5週間)。そしてマイコプラズマ症 やイリドウイルス感染症などの疾患はTeHVの徴候と類似している可能性があるため除外する必要があります。特にマイコプラズマ症は、一般的に鼻汁および結膜炎を生じますが、口内炎は見られません。イリドウイルス感染症は口内炎を引き起こす可能性がありますが、疫学的観点からは、TeHV よりはるかに少ない頻度です。

治療はどうするの?

ヘルペスウイルスは、有効な抗ウイルス薬が存在する数少ないウイルス群の 1 つです。アシクロビルとガンシクロビルが、TeHV3型 に対して in vitro で使用され〔Marschang et al. 1997〕、複製を著しく減少させることが分かっています。しかし、現在まで、実験的に感染したカメで薬理学的研究は解明されていませんし、TeHVに対するアシクロビル治療の実際の有効性は不明のままです。5%の軟膏が口腔病変を治療するのに使用された際に、有効であった報告はあります〔Cooper et al.1988〕。しかし一方で、カメの治療にアシクロビルを使用した場合、無効であったという報告もあります〔Haefeli et al.1995〕。チチュウカイリクガメの治療において、アシクロビル療法で死亡率が低下しましたが、治療では広域抗生物質も併用されたことから、有効性の真偽は分かっていません〔Origgi et al.2003〕。Gaioらは 文献で報告されたアシクロビルの薬量量 (80mg/kg〔Schumacher 1996〕) を、健康なカメに投与したところ、薬物の血漿濃度が低かったそうで〔Gaio et al.2007〕、何らかの阻害があったことが判明しました〔Marschang et al.1997〕。また、80mg/kg TIDでのアシクロビルの投与2ヵ月間の長期投与を行い、副作用が無かったことも報告されています〔Wilkinson 2004〕。

淡水ガメのヘルペスウイルス

ヌマガメ科やイシガメ科などの水ガメからもヘルペスウイルスが分離されています。しかし、ウミガメやリクガメのヘルペスウイルスと比べて宿主や病原性の特徴など分かっていないことが多いです。トウブハコガメのテラピンヘルペス ウイルス 1 型 は、他の季節よりも夏〔Kane et al.2016〕 または秋〔Archer et al.2017〕に有意に検出されています。これはカメの病気の発症と深く関与すると思われます〔Marenzoni et al.2018〕。

表3:淡水ガメから分離されたヘルペスウイルス

ウイルスの種類 解説
ヌマガメヘルペスウイルス 1 型(Emydid herpesvirus 1)   アメリカとドイツの無症状のヒラチズガメ、ニシキガメ、リバークーター、ブランディングカメを含むいくつかのヌマガメ科から分離されています〔Jungwirth et al.2014,Ossiboff et al.2015,Lindemann et al.2018〕。しかし、ヒラチズガメに肺炎を引き起こした例があります〔Ossiboff et al.2015〕。
ヌマガメヘルペスウイルス2型(Emydid herpesvirus 2) 無症状のミューレンバーグイシガメ とキボシイシガメから分離されています〔Ossiboff et al.2015〕。しかし、ブランディング カメの口腔内の扁平上皮癌から検出されました 〔Andersson et al.2021〕。
モリイシガメヘルペス1型(Glyptemys herpesvirus 1) 無症状のモリイシガメから分離されました〔Ossiboff et al.2015〕。
モリイシガメヘルペス2型(Glyptemys herpesvirus 2)
アカミミガメヘルペスウイルス 1型(Trachemys herpesvirus 1) アメリカの無症状のミシヒッピアカミミガメから分離されています〔Aplasca et al.2019〕
テラピンヘルペス ウイルス 1 型(Terrapene herpesvirus 1) ペットのハコガメの病気の発生に関連していると報告されています〔Sim et al.2015, Sim et al.2016〕。また、アメリカの野生のヒガシハコガメの間でも高い有病率として分離出されています〔Archer et al.2017〕。
テラピンヘルペス ウイルス 2 型(Terrapene herpesvirus 2) カロリナハコガメから分離されていす〔Sim et al.2015,Sim et al.2016〕。トウブハコガメの再発性の乳頭腫性皮膚病変からも分離されています〔Yonkers et al.2015〕。
カミツキガメヘルペスウイルス1型(Chelydra herpesvirus 1) アメリカの無症状の野生のカミツキガメから分離されています 〔Aplasca et al.2019〕
ヨコクビガメヘルペスウイルス1型(Pelomedusid herpesvirus 1) ヨーロッパで飼育されている無症状な西アフリカのクリイロハコヨコクビガメから検出されています〔Marschang et al.2015〕。

参考文献

■Ackermann M,Koriabine M,Hartmann-Fritsch F,de Jong PJ,Lewis TD,Schetle N,et al.The genome of chelonid herpesvirus 5 harbors atypical genes.PLoS ONE7:e46623.2012
■Aplasca AC,Titus V,Ossiboff RJ,Murphy L,Seimon TA,Ingerman K et al.Health assessment of free-ranging chelonians in an urban section of the Bronx River,New York.J Wildl Dis55:352–62.2019
■Andersson KE,Adamovicz L,Mumm LE,Winter JM,Glowacki G,Teixeira-Neto R et al.Detection of a novel herpesvirus associated with squamous cell carcinoma in a free-ranging Blanding’s turtle.J Vet Diagn Invest33:348‐351.2021
■Archer GA,Phillips CA,Adamovicz L,Band M,Byrd J,Allender MC.Detection of copathogens in free-ranging eastern box turtles (Terrapene carolina carolina) in Illinois and Tennessee.J Zoo Wildl Med48:1127‐34.2017
■Bicknese EJ,Childress AL,Wellehan JFX.A novel herpesvirus of the proposed genus Chelonivirus from an asymptomatic bowsprit tortoise (Chersina angulata).J Zoo Wildl Med41:353–8.2010
■Cooper JE,Gschmeissner S,Bone RD.Herpes-like virus particles in necrotic stomatitis of tortoises.Vet Rec123(20):544.1988
■Gaio C,Rossi T,Villa R,Zonca A,Cagnardi P,Ferro E.Pharmacokinetics of acyclovir after a single oral administration in marginated tortoises (Testudo marginata).J Herp Med Surg17(1):8–11.2007
■Gandar F,Wilkie GS,Gatherer D,Kerr K,Marlier D,Diez M, et al.The genome of a tortoise herpesvirus (testudinid herpesvirus 3) has a novel structure and contains a large region that is not required for replication in vitro or virulence in vivo.J Virol89:11438–56.2015
■Haefeli W,Schildiger BJ.Reptilien.In Krankheiten der Zoound Wildtiere.Herausgeber Göltenboth R,Klös HG eds.Blackwell Wissenschafts-Verlag.Berlin:530–554.1995
■Heldstab A,Bestetti G.Herpesviridae causing glossitis and meningoencephalitis in land tortoises(Testudo hermanni).Herpetopathologica1:5–9.1989
■Herbst LH,Jacobson ER,Moretti R,Brown T,Sundberg JP,Klein PA.Experimental transmission of green turtle fibropapillomatosis using cell-free extracts.Dis Aquat Org22:1–12.1995
■Hervás J,Sánchez-Cordón PJ,de Chacón Lara F,Carrasco L et al.Hepatitis associated with herpes viral infection in the tortoise(Testudo horsfieldii).J Vet Med B, Infect Dis Vet Public Health49(2):111–114.2002
■International Committee on Taxonomy of Viruses.Virus Taxonomy.Available online at: https://talk.ictvonline.org/taxonomy/ (accessed September 28,2021).2019
■Jacobson ER,Gaskin JM,Roelke M,Greiner EC,Allen J.Conjunctivitis,tracheitis,and pneumonia associated with herpesvirus infection in green sea turtles.J Amer Vet Med Assoc189:1020-1023.1986
■Jacobson ER,Berry KH,Wellehan JFX,Origgi FC,Childress AL,Braun J,Schrenzel M,Yee J,Rideout B.2012.Serologic and molecular evidence for testudinid herpesvirus 2 infection in wild Agassiz’s desert tortoises,Gopherus agassizii.J Wildl Dis48:747–757.2012
■Johnson AJ,Pessier AP,Wellehan JF,Brown R,Jacobson ER.Identification of a novel herpesvirus from a California desert tortoise (Gopherus agassizii).Vet Microbiol111(1–2):107–116.2005
■Jungwirth N,Bodewes R,Osterhaus ADME,Baumgartner W,Wohlsein P.First report of a new alphaherpesvirus in a freshwater turtle (Pseudemys concinna concinna) kept in Germany.Vet Microbiol170:403–407.2014
■Kane LP,Bunick D,Abd-Eldaim M,Dzhaman E,Allender MC.Development and validation of quantitative PCR for detection of Terrapene herpesvirus 1 utilizing free-ranging eastern box turtles(Terrapene carolina carolina).J Virol Methods232:57‐61.2016
■Kolesnik E,Mittenzwei F,Marschang RE.Detection of testudinid herpesvirus type 4 in a leopard tortoise (Stigmochelys pardalis).Tierärztl Praxis Kleintiere44:283–286.2016
■Kolesnik E,Obiegala A,Marschang RE.Detection of Mycoplasma spp.,herpesviruses,topiviruses,and ferlaviruses in samples from chelonians in Europe.J Vet Diagn Invest29:820–32.2017
■Leineweber C,Müller E,Marschang RE.Herpesviruses in Captive Chelonians in Europe Between 2016 and 2020.Front Vet Sci8:733299.2021
■Lindemann DM,Allender MC,Thompson D,Adamovicz L,Dzhaman E.Development and validation of a quantitative PCR assay for detection of Emydoidea herpesvirus 1 in free-ranging Blanding’s turtles (Emydoidea blandingii).J Virol Methods254:40‐45.2018
■Marschang RE,Gravendyck M,Kaleta EF.Herpesviruses in tortoises:investigations into virus isolation and the treatment of viral stomatitis in Testudo hermanni and T. graeca.Zentralbl Veterinarmed B44(7):385–394.1997
■Marschang RE,Origgi FC,Stenglein MD,Hyndman TH,Wellehan JFX,Jacobson ER.Viruses and viral diseases of reptiles.In Infectious Diseases and Pathology of Reptiles Volume1:Color Atlas and Text.2nd ed.Jacobson ER,Garner MM.eds.CRC Press.Boca Raton,LA:p575–703.2021
■Marschang RE.Viruses infecting reptiles.Viruses3(11):2087–2126.2011
■Marschang RE,Schneider RM.Antibodies to viruses in wild-caught spur-thighed tortoises(Testudo graeca) in Turkey.Vet Rec161(3):102–103.2007
■Marschang RE.Isolation and characterization of irido-,herpes-,and reoviruses from tortoises and description of an uncharacterized cytopathogenic agent. DrMedVet Dissertation,Giessen,Justus Leibig Univsersitat;2000
■Martel A,Blahak S,Vissenaekens H,Pasmans F.Reintroduction of clinically healthy tortoises:the herpesvirus Trojan horse.J Wildl Dis45:218–20.2009
■Marschang RE.Inactivation of tortoise viruses in the environment.In Proceedings of the 12th Conference of the Association of Reptilian and Amphibian Veterinarians,Tucson,AZ.April10–14:p24.2005
■Marschang RE,Heckers KO,Heynol V,Weider K,Behncke H.achweis eines Herpesvirus bei klinisch gesunden Klappbrust-Pelomedusenschildkroeten (Pelusios castaneous).Tieraerztl Prax Kleintiere43:166–169.2015
■Marenzoni ML,Santoni L,Felici A,Maresca C,Stefanetti V,Sforna M, et al.Clinical, virological epidemiological characterization of an outbreak of Testudinid Herpesvirus 3 in a chelonian captive breeding facility:Lessons learned first evidence of TeHV3 vertical transmission.PLoS ONE.2018
■Muro J,Ramis A,Pastor J,Velarde J,Tarres J,Lavin S.Chronic rhinitis associated with herpesviral infection in captive spur-thighed tortoises from Spain.J Wildl Dis34(3):487–495.1998
■Müller M,Sachsse W,Zangger N.Herpes-Epidemie bei der griechischen (T. hermanni) und der maurischen Landschildkröte(T.graeca) in der Schweiz.Schweizer Archiv für Tierheilkunde132(4):199‐203.1990
■Ossiboff RJ,Newton AL,Seimon TA,Moore RP,McAloose D.Emydid herpesvirus 1 infection in northern map turtles(Graptemys geographica)and painted turtles (Chrysemys picta).J Vet Diagn Invest27:392‐395.2015
■Ossiboff RJ,Raphael BL,Ammazzalorso AD,Seimon TA,Newton AL,Chang TV et al.Three novel herpesviruses of endangered Clemmys and Glyptemys turtles.PLoS ONE.2015
■Ossiboff RJ,Newton AL,Seimon TA,Moore RP,McAloose D.Emydid herpesvirus 1 infection in northern map turtles(Graptemys geographica)and painted turtles (Chrysemys picta).J Vet Diagn Invest27(3):392-5.2015
■Origgi FC,Rigoni D.An outbreak of tortoise herpesvirus infection in a private collection of Mediterranean tortoises in Italy:history,diagnosis,treatment,and followup.In Proceedings of the 10th Conference of the Association of Reptilian and Amphibian Veterinarians,Minneapolis,Minnesota,October 4–9:p21–23.2003
■Origgi FC,Romero CH,Bloom DC,Klein PA,Gaskin JM,Tucker SJ,Jacobson ER.Experimental transmission of a herpesvirus in Greek tortoises(Testudo graeca).Vet Pathol41(1):50–61.2004
■Origgi FC.Tortoise Herpesvirus.In Reptile Medicine and Surgery.Mader DR ed.
WB Saunders Co.St Louis.MO:814-821.2006
■Rebell G,Rywlin A,Haines H.A herpesvirus agent associated with skin lesions of green sea turtles in aquaculture.Am J Vet Res36:1221–1224.1975
■Salinas M,Francino O,Sánchez A,Altet L.Mycoplasma and herpesvirus PCR detection in tortoises with rhinitis-stomatitis complex in Spain.J Wildl Dis47:195–200.2011
■Soares JF,Chalker VJ,Erles K,Holtby S,Waters M,McArthur S.Prevalence of Mycoplasma agassizii and chelonian herpesvirus in captive tortoises(Testudo sp.) in the United Kingdom.J Zoo Wildl Med35:25–33.2004
■Sim RR,Norton TM,Bronson E,Allender MC,Stedman N,Childress AL et al.Identification of a novel herpesvirus in a captive Eastern box turtles (Terrapene carolina carolina).Vet Microbiol175:218‐33.2015
■Sim RR,Allender MC,Crawford LK,Wack AN,Murphy KJ,Mankowski J et al.Ranavirus epizootic in captive eastern box turtles (Terrapene carolina carolina) with concurrent herpesvirus and mycoplasma infection:Management and monitoring.J Zoo Wildl Med47:256‐270.2016
■Široký P,Frye FL,Dvoráková N,Hostovský M,Prokop H,Kulich P.Herpesvirus associated dermal papillomatosis in Williams’ mud turtle Pelusios williamsi with effects of autogenous vaccine therapy.J Vet Med Sci80:1248‐54.2018
■Schumacher J.Viral diseases.In Reptile Medicine and Surgery.Mader DR ed.WB Saunders Co,Philadelphia.PA:224–234.1996
■Stacy BA,Wellehan JF,Foley AM,Coberley SS,Herbst LH,Manire CA,Garner MM,Brookins
MD,Childress AL,Jacobson ER.Two herpesviruses associated with disease in wild Atlantic loggerhead sea turtles (Caretta caretta).Vet Microbiol126(1–3):63–73.2008
■Teifke JP,Löhr CV,Marschang RE,Osterrieder N,Posthaus H.Detection of chelonid herpesvirus DNA by nonradioactive in situ hybridization in tissues from tortoises suffering from stomatitis-rhinitis complex in Europe and North America.Vet Pathol37(5):377–385.2000
■Une Y,Murakami M,Uemura K,Fujitani H,Ishibashi T,Nomura Y.Polymerase chain reaction(PCR)for the detection of herpesvirus in tortoises.J Vet Med Sci62:905–907.2000
■Wilkinson R.Therapeutics.In Medicine and Surgery of Tortoises and Turtles.McArthur S,Wilkinson R,Meyer eds.Blackwell Publishing.Oxford.UK:465–485.2004
■Yonkers SB,Schneider R,Reavill DR, Archer LL,Childress AL,Wellehan JFX, Jr.Coinfection with a novel fibropapilloma-associated herpesvirus and a novel Spirorchis sp. in an eastern box turtle (Terrapene carolina) in Florida.J Vet Diagn Invest27:408‐413.2015

\ SNSでシェアしよう! /

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リクガメ情報室|専門獣医師による飼育と病気の解説の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 爬虫類の膀胱結石(Ver.2)

  • リクガメの鼻炎・肺炎~鼻水が出ている

  • 爬虫類の腎不全と痛風

  • 爬虫類の病気と飼育の考え方|まずはこれを読んでね!

  • 爬虫類のお腹の虫|内部寄生虫(Ver.2)